Fitbit Charge 3 と Fitbit Charge 5 の違いは?選ぶならどっちにした方がいいのかを徹底検証

作成日時: 2021-10-16 17:41:20、更新日時: 2021-10-20 16:27:16

Fitbit Charge 5Fitbit Charge 3
Fitbit Charge 5Fitbit Charge 3

「Fitbit Charge 5」と「Fitbit Charge 3」の特徴を、みんなの注目度の高いものはもちろん、細部の情報まで詳細比較。どういった違いや差があるのでしょうか? それぞれの違いや差について評価・検証しています。

Fitbit Charge 5Fitbit Charge 3
Fitbit Charge 5Fitbit Charge 3
総合評価:

72.5/100

(総合: 238位)

68.3/100

(総合: 41位)

最大記録可能日数
98/100
90/100
耐水深度
45/100
45/100

Fitbit Charge 5は、シリコンベルトを採用し、軽量かつ快適な装着感があります。また、326ppiという高画素密度で、見やすくクリアな表示を実現しています。強化ガラスを使用しており、耐久性も兼ね備えています。タッチパネルによる操作が簡単で、文字入力もスムーズです。最大記録可能日数は約168日、最大記録可能時間は168時間です。耐水深度は50mで、水泳などの水中での使用に耐えられます。防水対応もしており、あらゆる状況でも使用できます。NFC対応、さらに電子マネーにも対応し、買い物にも便利です。心拍数計測機能、消費カロリー計測機能、移動距離計測機能、歩数計測機能、睡眠状態計測機能があり、健康をサポートします。また、着信通知機能やメール通知機能も兼ね備え、スマートフォンの通知をいち早く受け取れます。加速度センサー機能により、運動のデータも正確に記録できます。GPS機能や光センサー機能もあり、運動の種類によって自動的に認識します。水泳、ランニング、サイクリングにも対応しており、幅広い利用シーンに対応できます。

Fitbit Charge 3は、強化ガラスを使用し、耐久性が高くなっています。タッチパネルによる操作も簡単で、使いやすさに優れています。最大記録可能日数は約30日で、短い間ではありますが、持ち運びが楽になっています。耐水深度は50mで、水泳などのスポーツにも使えます。防水対応しており、様々な環境で使用することができます。NFC対応、電子マネーにも対応しており、買い物時にも便利です。心拍数計測機能、消費カロリー計測機能、移動距離計測機能、歩数計測機能、睡眠状態計測機能もあり、健康管理に役立ちます。着信通知機能やメール通知機能もついており、スマートフォンの受信情報を確認できます。加速度センサー機能に加え、高度計測機能も備わっているため、様々な種類の運動記録が可能です。また、水泳、ランニング、サイクリング、ヨガなどのスポーツにも対応しています。

Fitbit Charge 5は、より高機能であり、幅広いスポーツに対応しています。また、長期間の使用にも対応できる点が魅力的です。一方、Fitbit Charge 3は、持ち運びに便利で、短時間の使用にも向いています。どちらも必要な機能は備えているため、使用者のライフスタイルに合わせて選択することをお勧めします。

icn
Fitbit Charge 3 と比較して Fitbit Charge 5 を選ぶメリット
最大記録可能日数
98.7点(約168日) vs 90.6点(約30日)
メール通知機能
GPS機能
光センサー機能
icn
Fitbit Charge 5 と比較して Fitbit Charge 3 を選ぶメリット
高度計測機能
ヨガ対応

「Fitbit Charge 5」と「Fitbit Charge 3」を徹底比較する

便利機能について「Fitbit Charge 5」と「Fitbit Charge 3」を比較

心拍数計測機能について

心拍数を計測できるスマートウォッチは常に心拍数をモニタリングできる点で優れています。例えば運動中の負荷管理をするのに適しています。

「Fitbit Charge 3」も「Fitbit Charge 5」も心拍数を計測できるスマートウォッチです。そのため運動中の心臓に掛かる負荷を計測できる点で秀でています。どちらも運動中の心拍数などから身体の疲労感などを数値として確認するのに向いています。

消費カロリー計測機能について

消費カロリーを計測できるスマートウォッチは毎日の運動を最適化することができる点で使い勝手が良いです。特にダイエットを目標としている人にとって、1日の活動量の目安とするといったケースにおススメです。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」も消費カロリーを計測できるスマートウォッチです。そのため運動時の消費カロリーを計測できる点で使い勝手が良いです。どちらもダイエットしてる人に総消費カロリーを確認するのにオススメです。

移動距離計測機能について

移動距離を計測できるスマートウォッチはどのくらい歩いたか知ることができる点で優れています。特に目的地までの最短距離を測ったりするといったときに最適です。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」も移動距離を計測できるスマートウォッチです。そのため月間や年間での移動距離を把握できる点で優れています。どちらも日々のジョギングの目標距離を設定し目標距離達成を確認するのにおすすめです。

歩数計測機能について

歩数を計測できるスマートウォッチは運動量や健康管理ができる点で秀でています。例えば万歩計として使用するといったようなときに最適です。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」も歩数を計測できるスマートウォッチです。そのため一日で歩いた歩数を確認することができ、毎日の運動量を記録しておけるため健康管理に使える点で秀でています。どちらも外出が億劫になっている高齢者に日々の目標を設定し健康管理するのにオススメです。

睡眠状態計測機能について

睡眠の状態を計測できるスマートウォッチはより適切な睡眠を得る手助けできる点で秀でています。例えば継続してデータを記録することで大きな変化が出たときに、いち早く体調の変化に気付き症状に対応するといったケースにおすすめです。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」も睡眠の状態を計測できるスマートウォッチです。そのため自分がしっかり眠れているから健康管理できる点で秀でています。どちらも睡眠の深さを計測するのに向いています。

着信通知機能について

着信通知を確認できるスマートウォッチはスマホを持たなくても通知を確認できる点で使い勝手が良いです。例えばスマートフォンを鞄などに収めたままでも、着信を通知するといったケースに適しています。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」も着信通知を確認できるスマートウォッチです。そのためスマートフォンを取り出さずにスマートウォッチで着信が確認できる点で使い勝手が良いです。どちらもスマホと連動する事で、スマホに連絡が来た事を判断するのにおすすめです。

性能について「Fitbit Charge 5」と「Fitbit Charge 3」を比較

最大記録可能日数について

最大記録可能日数が長いスマートウォッチはたくさんのレコードを保存できる点で秀でています。例えば長期間に渡る変化を観察するといったケースにおススメです。

最大記録可能日数について「Fitbit Charge 5」と「Fitbit Charge 3」を比較すると「Fitbit Charge 5」は約168日で「Fitbit Charge 3」は約30日です。最大記録可能日数は「Fitbit Charge 3」より「Fitbit Charge 5」の方が多少長いです。最大記録可能日数の長さランキングで比較すると全163製品のなかで「Fitbit Charge 5」は1位で「Fitbit Charge 3」は20位なので、大きく違うとまでは言えないもののそれなりの差はあります。

一般的なものよりも長い日数情報を記録できる点で「Fitbit Charge 3」より「Fitbit Charge 5」の方が無難と言えるでしょう。ダイエット目的など、長期間にわたって管理する場合でも実感できるほどの差はほぼ無いと思われます。どちらかといえば「Fitbit Charge 5」の方が「Fitbit Charge 3」より良いですが、こだわりが無ければ他の視点を比べた方が良いでしょう。

最大記録可能日数評価
Fitbit Charge 5
約168日98/100
Fitbit Charge 3
約30日90/100

用途について「Fitbit Charge 5」と「Fitbit Charge 3」を比較

水泳対応について

水泳に対応しているスマートウォッチは防水機能は勿論、運動量やカロリー消費も計測できる点で秀でています。特に防水機能があるので水泳するのに適しています。

「Fitbit Charge 3」も「Fitbit Charge 5」も水泳に対応しているスマートウォッチです。そのためどのくらい泳いだか、時間、距離がわかるようにできる点で使い勝手が良いです。どちらも泳いだ距離、タイム、心拍数などを記録するのにおすすめです。

ランニング対応について

ランニングに対応しているスマートウォッチはランニング中の距離や消費カロリーをきろできる点で使い勝手が良いです。特に走行距離や速度を計測するのにおススメです。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」もランニングに対応しているスマートウォッチです。そのため自身の走行スピードや走行距離の計測ができる点で優れています。どちらも走行距離や脈拍、消費カロリー計測をするのにおすすめです。

サイクリング対応について

サイクリングに対応しているスマートウォッチはサイクリングでの時間や運動量を記録できる点で秀でています。例えば心拍数を計測したり位置を取得するのに適しています。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」もサイクリングに対応しているスマートウォッチです。そのためスピードや移動距離、位置情報や運動量など正確に計測できる点で使い勝手が良いです。どちらもルートの距離測定するのにおすすめです。

画面について「Fitbit Charge 5」と「Fitbit Charge 3」を比較

強化ガラスの使用について

強化ガラスを使っているスマートウォッチは衝撃を受けて壊れてしまうことを気にせずに使用できる点で使い勝手が良いです。特に衝撃を受けやすい仕事をしている人が使用するといったときに最適です。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」も強化ガラスを使っているスマートウォッチです。そのため落としても割れにくくできる点で優れています。どちらもスポーツや仕事中でもつけたまま使用するのに適しています。

タッチパネルについて

画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチは画面をタッチ操作できる点で使い勝手が良いです。例えば電車の中や歩いている最中に使用するようなときに適しています。

「Fitbit Charge 3」も「Fitbit Charge 5」も画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチです。そのため触るだけで簡単に迷わず操作することができる点で優れています。どちらも機能や画面を切り替えたい時、簡単に操作するのに向いています。

機能について「Fitbit Charge 5」と「Fitbit Charge 3」を比較

耐水深度について

防水機能の限界深度が深いスマートウォッチは水のある環境でも安心して使用できる点で使い勝手が良いです。特に水没したとしても壊れにくいので水辺へ旅行するのに適しています。

防水機能の限界深度を比べると「Fitbit Charge 3」は50mで「Fitbit Charge 5」は50mです。「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」も防水機能の限界深度について差はほぼゼロだと言えます。防水性能の深さランキングで比較すると全1032製品のなかで「Fitbit Charge 3」は238位で「Fitbit Charge 5」は425位なので、大きく違うとまでは言えないもののそれなりの差はあります。

体感できるほどの差はありません。ほかの角度から選ぶことをお勧めします。

耐水深度評価
Fitbit Charge 5
50m45/100
Fitbit Charge 3
50m45/100

防水対応について

防水に対応しているスマートウォッチは万が一雨などで濡らしてしまっても、機器を守ることができる点で秀でています。例えばシャワーを浴びる時やプールで使用するといったようなケースで役立ちます。

「Fitbit Charge 3」も「Fitbit Charge 5」も防水に対応しているスマートウォッチです。そのため風呂場などの湿気が多い場所でも使用できる点で秀でています。どちらも水仕事を頻繁にする人が装着するのに適しています。

NFC対応について

NFCに対応しているスマートウォッチは無線で情報を他の機器と共有できる点で優れています。例えば財布なしでもキャッシュレス決済で買い物するような場合で重宝します。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」もNFCに対応しているスマートウォッチです。そのため腕をかざすだけで決済などを完了させることができる点で優れています。どちらもスマホを取り出すことなく手首をかざすだけで決済するのにオススメです。

電子マネー対応について

電子マネーに対応しているスマートウォッチはキャシュレス支払いできる点で使い勝手が良いです。特にスマホや財布などを取り出さずに決済するといったような場合で重宝します。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」も電子マネーに対応しているスマートウォッチです。そのためスマートフォン以上にスムーズに支払いができる点で秀でています。どちらも財布やスマホを取り出すことなく簡単に支払いするのに適しています。

搭載センサーについて「Fitbit Charge 5」と「Fitbit Charge 3」を比較

加速度センサー機能について

加速度センサーを搭載しているスマートウォッチは自分の移動した速さを測定できる点で優れています。特に日常の運動量を記録するといったケースで役に立ちます。

「Fitbit Charge 5」も「Fitbit Charge 3」も加速度センサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため自分の速度の変化を確認できる点で優れています。どちらもスマートウォッチを装着しているだけでウオーキングの際などに歩数計として使用するのにオススメです。

「Fitbit Charge 5」と「Fitbit Charge 3」の違いを表で比較する

Fitbit Charge 5Fitbit Charge 3
画像Fitbit Charge 5Fitbit Charge 3
シリコンベルト -
ブラック/グラファイト/スチールブルー/プラチナ/ルナホワイト/ソフトゴールドブラック/ブルーグレー
画素密度326ppi -
強化ガラスの使用
タッチパネル
画面コーティングゴリラガラスゴリラガラス
画面の表示方式AMOLED有機EL
最大記録可能日数約168日約30日
最大記録可能時間168時間 -
耐水深度50m50m
防水対応
NFC対応
電子マネー対応
対応Bluetooth54
耐水性能50m防水/IPX8相当50m防水/IPX8相当
心拍数計測機能
消費カロリー計測機能
移動距離計測機能
歩数計測機能
睡眠状態計測機能
着信通知機能
メール通知機能 -
加速度センサー機能
高度計測機能 -
GPS機能 -
光センサー機能 -
水泳対応
ランニング対応
サイクリング対応
ヨガ対応 -

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Fitbit Charge 5 の関連記事
Fitbit Charge 3 の関連記事
Fitbit Charge 5

総合評価: 70.2/100

(総合: 238位)

詳細を見る

Fitbit Charge 5

Fitbit Charge 5 と評価が同程度のスマートウォッチを探す

Fitbit Charge 5 の関連記事
Fitbit Charge 3 の関連記事
Fitbit Charge 3

総合評価: 83.5/100

(総合: 41位)

詳細を見る

Fitbit Charge 3

Fitbit Charge 3 と評価が同程度のスマートウォッチを探す

新着情報