徹底レビュー: HUAWEI Band 8 vs HUAWEI Band 7

2023-05-20 20:41:20

HUAWEI Band 8HUAWEI Band 7
HUAWEI Band 8HUAWEI Band 7
HUAWEI Band 8HUAWEI Band 7
HUAWEI Band 8HUAWEI Band 7
総合評価:

65.3/100

(総合順位: 1056/1614)

58.3/100

(総合順位: 435/1614)

本体サイズ
64/100
50/100
本体重量
92/100
91/100
画面サイズ
74/100
74/100
画面解像度
42/100
42/100
画素密度
42/100
42/100
耐水深度
77/100
77/100

スペック

HUAWEI Band 8HUAWEI Band 7
HUAWEI Band 8HUAWEI Band 7
デザイン
本体重量14g16g
TPUベルト -
シリコンベルト -
用途
水泳対応
ランニング対応
サイクリング対応
ヨガ対応 -
画面
画面サイズ1.47インチ1.47インチ
画面解像度368×194368×194
画素密度282ppi282ppi
タッチパネル
性能
最大記録可能日数 - 約14日
バッテリー容量 - 180mAh
機能
耐水深度50m50m
防水対応
便利機能
心拍数計測機能
消費カロリー計測機能
移動距離計測機能
歩数計測機能
睡眠状態計測機能
着信通知機能
メール通知機能
搭載センサー
加速度センサー機能
ジャイロセンサー機能
方位計測機能 -

類似のスマートウォッチを探す

他のスマートウォッチと比較

価格を見る

類似のスマートウォッチを探す

他のスマートウォッチと比較

価格を見る

比較レビュー

画面

画面サイズ

HUAWEI Band 8の画面サイズは1.47インチであるのに対しHUAWEI Band 7は1.47インチとなります。画面サイズについてHUAWEI Band 8とHUAWEI Band 7の差は少ししかありません。

画面サイズが大きいスマートウォッチを利用することで、たとえ老眼や視力の低下があっても、容易に情報を確認することができます。また、スマートウォッチはストレスを抱えた生活を送る人々の視力を守れるので、健康的な生活を送るためにも優れた製品です。

画面サイズにおいてHUAWEI Band 7もHUAWEI Band 8も相当似ています。HUAWEI Band 7もHUAWEI Band 8もほぼ違いは見られません。他の側面から見ていく必要がある点は気を付けるべきと言えるでしょう。

画面サイズ評価
HUAWEI Band 8
1.47インチ74/100
HUAWEI Band 7
1.47インチ74/100

画面解像度

HUAWEI Band 7の画面解像度は368×194に対しHUAWEI Band 8は368×194というデータになっています。よく類似していると考えられ、差はちょっとしか存在していません。

画面解像度が高いスマートウォッチのメリットは、視認性が向上する点です。高い解像度は文字や画像が鮮明に表示されるため、情報の確認がよりスムーズに行えます。また、映像コンテンツの再生や、写真の閲覧においても、より高品質な映像体験が可能です。

この比較から分かるように、HUAWEI Band 7もHUAWEI Band 8も殆ど同水準に感じられると言えそうです。画面解像度の情報を考慮しても商品選びにおいて意味がないと思います。

画面解像度評価
HUAWEI Band 8
368×19442/100
HUAWEI Band 7
368×19442/100

画素密度

HUAWEI Band 7の画素密度は282ppiでありHUAWEI Band 8の画素密度は282ppiというデータであると言えます。両者の画素密度でいえば、差はまったくと言える程無いです。

高画質なディスプレイは、画素密度が高いスマートウォッチの大きなメリットです。より鮮明な文字や画像は、情報を的確に伝えることができます。また、視認性も向上させ、アウトドアなどでも使用する際にも非常に便利です。

実現可能な観点から見ると、画素密度の点で、HUAWEI Band 7もHUAWEI Band 8もまったく存在しないといってしまえるほど差は見られません。画素密度の情報を比較しても商品を選択する上でほぼ役に立ちません。ほかの側面から考える方がいいといえます。

画素密度評価
HUAWEI Band 8
282ppi42/100
HUAWEI Band 7
282ppi42/100

タッチパネル

どちらも画面にタッチパネルに対応しているスマートウォッチと言うことができます。これらのスマートウォッチの共通点は、画面にタッチパネルに対応していることです。タッチパネル操作ができることで、操作性が向上し、ストレスフリーで使いやすくなっています。また、タッチパネルでの操作は直感的なため、初めての人でも簡単に使いこなせるでしょう。

画面にタッチパネルに対応しているスマートウォッチには、顔文字や絵文字の使用ができるという利点があります。より表現力豊かなコミュニケーションが可能になるため、コミュニケーションツールとしての価値も高いです。また、マルチタッチに対応しているものもあるため、複数の指で同時に操作ができるという特性もあります。

便利機能

心拍数計測機能

両方とも心拍数を計測できるということができます。これらのスマートウォッチは、精度の高い心拍数計測機能を備えています。運動をする人や健康管理を重視する人にとって、正確なデータは非常に重要です。また、心拍数を測定するだけでなく、ログを取ったり、他の健康データと統合したりすることも可能です。

心拍数を計測できるスマートウォッチを使えば、自分の健康状態を手軽に把握できます。日常生活での心拍数の変化や最大心拍数の把握などができるため、生活リズムや運動量の調整に役立ちます。また、心拍数を測定することで、運動効果を実感し、モチベーションの向上にも繋がります。

消費カロリー計測機能

どちらも消費カロリーを計測できるということができます。消費カロリーを計測することができるこれらのスマートウォッチは、より健康な生活を送るために欠かせないツールです。精度の高い機能は、運動の効果を客観的に把握することができるため、モチベーションにもつながります。

近年、健康意識が高まる中、消費カロリーを計測できるスマートウォッチが注目されています。このスマートウォッチのメリットは、キロカロリー単位で正確に消費カロリーを計測できることです。生活の中での各種活動から、運動の種類まで正確なカロリー消費量を把握することができます。

移動距離計測機能

両方とも移動距離を計測できると言うことができます。これらのスマートウォッチは、移動距離を正確に計測できる機能が備わっており、運動や日常生活に役立つと評価されています。また、複数のスマートフォンやアプリとの連携により、より多彩な使い方ができることが魅力の一つです。

移動距離を計測できるスマートウォッチのもう一つのメリットは、日常生活における歩数を把握できる点です。歩数計機能があるスマートウォッチを使用することで、一日あたりの歩数や、目標達成までの距離を計測し、意識的に歩くようになることができます。健康管理にも役立ちます。

歩数計測機能

どちらも歩数を計測できるといえます。スマートウォッチの中でも、歩数を計測する機能に特化したモデルも増えています。これらのスマートウォッチは、睡眠や心拍数などの健康データと合わせて、より総合的な健康管理を可能にしています。

歩数を計測できるスマートウォッチの利点として、運動習慣を身につけることができることがあげられます。歩数を計測することで、日々の運動量を把握し、運動不足を解消することができます。また、スマートウォッチのアプリなどで、友人と競うことができるため、運動を楽しみながら習慣化することができます。

睡眠状態計測機能

どちらも睡眠の状態を計測できるスマートウォッチであるといえるでしょう。睡眠不足が社会問題となっていますが、これらのスマートウォッチは、睡眠の状態を計測し、睡眠不足を防止するための有用なツールとして利用することができます。

睡眠の状態を計測できるスマートウォッチのメリットとして、睡眠時間や深い睡眠、浅い睡眠、目覚めの時間などを計測することができ、自分の睡眠の質を客観的に知ることができます。また、自分の自然な睡眠リズムを把握することで、深い睡眠を促進する工夫をすることもできます。さらに、睡眠状況を計測できることで、健康状態の管理の一助としても活用できます。

着信通知機能

どちらも着信通知を確認できると言うことができるでしょう。これらのスマートウォッチは、着信通知を確認するために最適な機能を備えています。多くのユーザーが、スマートフォンを手に持っていなくてもスマートウォッチで着信通知を確認できることを喜んでいます。何か別の作業をしているときでも、着信通知を見逃すことはありません。

着信通知を確認できるスマートウォッチは、ビジネスマンにとっても重宝するアイテムです。会議中に振動で着信を知ることができ、スマートフォンを出し入れすることなく受け答えができるため、スマートな印象を与えることができます。さらに、泊まりがけの出張などでは、スマートフォンを複数持ち歩かなくても、大切な連絡が常に確認できるため、スマートウォッチの存在感は大きいです。

メール通知機能

HUAWEI Band 7とHUAWEI Band 8はメール通知を確認できるスマートウォッチとなっています。誰もがスマートフォンやPCでメールを確認することができますが、これらのスマートウォッチはより便利であり、時間の節約にもなります。手首に装着していると、緊急時にもすばやく反応できます。メール通知を重要視する方には、ぜひおすすめしたい商品です。

メール通知を確認できるスマートウォッチの大きなメリットは、常に最新情報を把握することができることです。スマートフォンを使わずに、手元でメールを確認できるので、スピーディーに返信することができ、ビジネスの効率を上げることができます。パターン

搭載センサー

加速度センサー機能

HUAWEI Band 8もHUAWEI Band 7も加速度センサーを搭載しているということができます。加速度センサーを搭載しているこれらのスマートウォッチは、運動や健康管理において欠かせないアイテムとなっています。また、日常生活でも活用でき、歩数や消費カロリーを自動で計算してくれるため、健康への意識が高まります。

加速度センサーを搭載しているスマートウォッチの一番のメリットは、健康管理に役立つことです。運動中の心拍数を測定し、消費カロリーや距離などのデータを収集することができます。また、睡眠の質を測定することもでき、日々の生活において体調管理に役立ちます。

ジャイロセンサー機能

両方ともジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチです。これらのスマートウォッチは、ジャイロセンサーを搭載している点が大変魅力的です。このセンサーによって、より正確な計測が可能となり、身近なスポーツアクティビティから、より精密なフィットネストラッキングまで、様々な用途に対応することができます。

さらに、ジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチは、スマートフォンとの連携がしやすいというメリットもあります。スマートフォンとのBluetooth接続を利用することで、測定した歩数や距離、カロリー消費量などをスマートフォンに転送することができ、より詳細なデータの閲覧や分析が可能になります。また、スマートフォン上で設定した目標に対する進捗状況をリアルタイムで確認できるため、トレーニングやダイエットに励む人にとって、非常に便利なツールとなります。

機能

耐水深度

HUAWEI Band 8の耐水深度は50mとなります。一方HUAWEI Band 7は50mとなります。耐水深度においてHUAWEI Band 7とHUAWEI Band 8の差は殆どなく、よく似ています。

耐水深度が深いスマートウォッチは、水中でも問題なく使用できる優れた機能を持っています。例えば、水泳やダイビング中でもスマートウォッチを使って運動の成果を計測することができ、スマートウォッチが耐水深度の上限に達すると通知が来るため、安心して使えます。また、水着など全身を覆うことのできないスポーツでも、スマートウォッチをつけて運動を計測することができるので便利です。

実際に使う場合を考えるとHUAWEI Band 8もHUAWEI Band 7も体感的に、類似しています。決定を下す際に、耐水深度の情報はあまり意味がないと言えるでしょう。

耐水深度評価
HUAWEI Band 8
50m77/100
HUAWEI Band 7
50m77/100

防水対応

HUAWEI Band 8とHUAWEI Band 7は、両方とも防水に対応しているといえます。非常に便利なこれらのスマートウォッチは、防水に対応しているので、激しい運動やプールでの利用も心配いりません。普段の生活の中で水の影響を受ける機会が多いので、この機能は欠かせません。

防水に対応しているスマートウォッチの最大のメリットは、水中でも使用可能であることです。プールや海での水泳時に、スマートウォッチを装着したままで水中心拍数を測定したり、泳いだ距離を計測することができます。また、防水性があるため、汗や雨の日でも心配することなくスマートウォッチを使用することができます。

デザイン

本体サイズ

HUAWEI Band 8の方がHUAWEI Band 7と比べるとごくわずかに小さいことがわかるでしょう。HUAWEI Band 8とHUAWEI Band 7の差はすこしだけ開いています。小さな本体サイズを持つスマートウォッチは、身につけていて違和感がなく、快適な装着感があるという利点があります。

パターン3:本体サイズが小さいスマートウォッチのメリットは、ファッション性にあります。スマートウォッチは機能性だけでなく、ファッション性も重要なポイントです。小型のスマートウォッチは腕にオシャレに調和し、スタイリッシュなアクセントになることでしょう。さらに小さいサイズゆえに、細身の腕の方でも違和感なく使用できます。

実際に使う場面で、HUAWEI Band 8のほうがHUAWEI Band 7の本体サイズよりちょっとだけ優れた水準にあります。別の角度から評価するほうがいいと言うことができます。商品を決めるうえで、本体サイズの情報は全くと言っていいほど役に立ちません。

本体重量

HUAWEI Band 7とHUAWEI Band 8の本体重量において比較するとHUAWEI Band 8は14gというデータとなっています。またHUAWEI Band 7は16gというデータとなっています。本体重量に関してはHUAWEI Band 8とHUAWEI Band 7のあいだに殆ど違いは存在しません。

本体重量が軽いスマートウォッチには、様々なメリットがあります。まず、軽量化により着用感が向上し、長時間の使用でもストレスを感じにくくなります。また、スポーツやアウトドアなどのアクティビティにも適した軽量設計は、身体への負担を軽減してくれます。さらに、持ち運びにも便利で、バッグやポケットに入れておくことができます。

実用上の面で考えるとHUAWEI Band 7もHUAWEI Band 8もよく似ていると言うことができるでしょう。ほかの角度から比較することを強く提案します。本体重量の情報を検討しても参考になりません。

本体重量評価
HUAWEI Band 8
14g92/100
HUAWEI Band 7
16g91/100

用途

水泳対応

両方とも水泳に対応しているスマートウォッチであるといえます。水泳をより効率的に行うためには、これらのスマートウォッチは欠かせない存在と言えます。水中でも正確なデータを取得でき、その性能は高く評価されています。水泳愛好家にとっては、必要不可欠なアイテムのひとつです。

水泳に対応しているスマートウォッチのもう一つのメリットは、さまざまな競技に対応していることです。水泳に対応しているだけでなく、ランニングやサイクリング、トレッキングなど、様々なスポーツに対応しているため、マルチスポーツで活躍することができます。また、GPS機能が搭載されている場合も多く、屋外で使用することでより正確な位置情報を取得することができます。

ランニング対応

どちらもランニングに対応していると言うことができるでしょう。フィットネスを意識したランニングに最適なこれらのスマートウォッチは、心拍数や消費カロリー、距離などが常に計測可能です。また、ランニング中には音声ガイダンスによるサポートもあり、より快適なランニングをサポートしてくれます。

パターン1: ランニングに対応しているスマートウォッチのメリットは多岐にわたります。ランナーにとっては、GPS機能により本格的なランニングを行うことが可能となります。また、心拍数や消費カロリーなどの情報を計測し、運動のモチベーションにつながることもあるでしょう。さらに、スマートウォッチのセンサー機能により、身体への負担を最小限に抑え、無理のない継続的な運動ができます。

サイクリング対応

両方ともサイクリングに対応しているスマートウォッチとなっています。これらのスマートウォッチは、サイクリングに対応している点が高く評価されます。サイクリングをする方々にとって、適切な機能を有していることは、非常に重要な要素です。

サイクリングに対応しているスマートウォッチを使うことで、サイクリングの楽しみがさらに広がります。例えば、GPS機能により新しいルートを探索したり、運動データを振り返って自己分析することができます。また、スマートフォンとの連携により、音楽を聴いたり、電話やメッセージの通知を受け取ることができます。これらの機能があることで、サイクリング中のストレスを軽減することができます。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

HUAWEI Band 8
HUAWEI Band 7

HUAWEI Band 8

HUAWEI Band 8 と評価が同程度のスマートウォッチを探す

HUAWEI Band 8
HUAWEI Band 7

HUAWEI Band 7

HUAWEI Band 7 と評価が同程度のスマートウォッチを探す

新着情報