vivo Venu 2 と vivo Venu 2 Plus の違いは?選ぶならどっちにした方がいいのかを徹底検証

作成日時: 2022-01-31 23:21:27、更新日時: 2022-02-01 01:34:51

vivo Venu 2 Plusvivo Venu 2
vivo Venu 2 Plusvivo Venu 2

「vivo Venu 2」と「vivo Venu 2 Plus」比べるとどっちの評価がよいのか評価レビュー。「vivo Venu 2 Plus」と「vivo Venu 2」のどちらを選んだ方がいいのか検討している人、今すぐチェック!

vivo Venu 2 Plusvivo Venu 2
vivo Venu 2 Plusvivo Venu 2
総合評価:
本体重量rating-image2.1
51g
rating-image2.2
49g
画面サイズrating-image3.4
1.3インチ
rating-image3.4
1.3インチ
画面解像度rating-image4.9
416×416
rating-image4.9
416×416
画素密度rating-image4.9
452ppi
rating-image4.9
452ppi
耐水深度rating-image2.3
50m
rating-image2.3
50m

vivo Venu 2 Plusとvivo Venu 2についてレビューを行います。まずはvivo Venu 2 Plusから。この時計は51gの重さで、シリコンベルトが付いています。また、画面サイズは1.3インチで、画素密度は452ppiと高精細なモニターが搭載されています。強化ガラスが使用されており、タッチパネルにも対応しています。防水にも対応し、水泳やランニング、サイクリング、ヨガ、登山、ゴルフなどのスポーツ対応もしています。さらに、NFC機能があり、電子マネーにも対応しています。様々な機能が備わっており、心拍数、消費カロリー、移動距離、歩数、睡眠状態の計測もできます。着信やメールの通知機能も備わっており、加速度センサーやジャイロセンサー、方位計測、気圧計測、高度計測、GPS、光センサー、気温計測などの機能もあります。とても優れたスマートウォッチです。

vivo Venu 2についても紹介します。こちらは49gの重さで、vivo Venu 2 Plusよりもストレージ容量が64GBありますが、RAMは64MBと少し見劣りします。シリコンベルトが付いており、画面サイズは1.3インチで、画素密度も452ppiと同じく高精細なものを搭載しています。強化ガラスが使用されており、タッチパネルにも対応しています。防水とNFC、電子マネー機能にも対応しており、vivo Venu 2 Plusと同様、心拍数、消費カロリー、移動距離、歩数、睡眠状態の計測ができます。着信やメールの通知機能もあり、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位計測、気圧計測、高度計測、GPS、光センサー、気温計測などの機能も備わっています。また、水泳、ランニング、サイクリング、スキー・スノボ、ヨガ、登山、ゴルフ、フィットネス機器、SUPにも対応しています。

まとめると、vivo Venu 2 Plusとvivo Venu 2は共に高性能を誇るスマートウォッチです。機能はどちらも豊富で、ストレージ容量に差があるものの、どちらも日常生活に必要な機能が揃っています。重さやサイズ、デザインによって好みが異なるかもしれませんが、どちらのスマートウォッチもおすすめできます。

icn
vivo Venu 2 と比較して vivo Venu 2 Plus を選ぶメリット

-

icn
vivo Venu 2 Plus と比較して vivo Venu 2 を選ぶメリット

「vivo Venu 2 Plus」と「vivo Venu 2」を徹底比較する

機能について「vivo Venu 2 Plus」と「vivo Venu 2」を比較

耐水深度について

防水機能の限界深度が深いスマートウォッチは水のある環境でも安心して使用できる点で使い勝手が良いです。特に水没したとしても壊れにくいので水辺へ旅行するのに適しています。

防水機能の限界深度を比べると「vivo Venu 2」は50mで「vivo Venu 2 Plus」は50mです。「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も防水機能の限界深度について差はほぼゼロだと言えます。防水性能の深さランキングで見てみると923製品中「vivo Venu 2 Plus」は466位で「vivo Venu 2」は471位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感できるほどの差はありません。ほかの角度から選ぶことをお勧めします。

耐水深度評価
vivo Venu 2 Plus
50m45/100
vivo Venu 2
50m45/100

防水対応について

防水に対応しているスマートウォッチは万が一雨などで濡らしてしまっても、機器を守ることができる点で秀でています。例えばシャワーを浴びる時やプールで使用するといったようなケースで役立ちます。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」も防水に対応しているスマートウォッチです。そのため風呂場などの湿気が多い場所でも使用できる点で秀でています。どちらも水仕事を頻繁にする人が装着するのに適しています。

NFC対応について

NFCに対応しているスマートウォッチは無線で情報を他の機器と共有できる点で優れています。例えば財布なしでもキャッシュレス決済で買い物するような場合で重宝します。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」もNFCに対応しているスマートウォッチです。そのため腕をかざすだけで決済などを完了させることができる点で優れています。どちらもスマホを取り出すことなく手首をかざすだけで決済するのにオススメです。

電子マネー対応について

電子マネーに対応しているスマートウォッチはキャシュレス支払いできる点で使い勝手が良いです。特にスマホや財布などを取り出さずに決済するといったような場合で重宝します。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も電子マネーに対応しているスマートウォッチです。そのためスマートフォン以上にスムーズに支払いができる点で秀でています。どちらも財布やスマホを取り出すことなく簡単に支払いするのに適しています。

搭載センサーについて「vivo Venu 2 Plus」と「vivo Venu 2」を比較

加速度センサー機能について

加速度センサーを搭載しているスマートウォッチは自分の移動した速さを測定できる点で優れています。特に日常の運動量を記録するといったケースで役に立ちます。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も加速度センサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため自分の速度の変化を確認できる点で優れています。どちらもスマートウォッチを装着しているだけでウオーキングの際などに歩数計として使用するのにオススメです。

ジャイロセンサー機能について

ジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチはより高度な位置情報を取得できる点で使い勝手が良いです。例えばジャイロ対応ゲームをするといったような場合で役に立ちます。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」もジャイロセンサーを搭載しているスマートウォッチです。そのため動きを検知して運動量を計測できる点で秀でています。どちらもカメラなどの機能を使えれば手ブレ防止の効果があるため、写真撮影をするのにオススメです。

方位計測機能について

方位を計測できるスマートウォッチは現在位置から目標地点への移動方向を確認できる点で使い勝手が良いです。特に自らの位置を正確に判別するといったような場合で役立ちます。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も方位を計測できるスマートウォッチです。そのため山登りなどのアウトドアにできる点で秀でています。どちらも森の中を歩いている時に現在どの方角を向いているのか確認するのにオススメです。

気圧計測機能について

気圧を計測できるスマートウォッチは偏頭痛が出るかどうかを推測できる点で使い勝手が良いです。特に急に天候が悪化した時に気圧の変化を確認するのに最適です。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」も気圧を計測できるスマートウォッチです。そのため居場所の気圧を測定できる点で秀でています。どちらも悪天候時などに現地点の気圧を確認するのに適しています。

高度計測機能について

高度を測定できるスマートウォッチは今の気圧や高度を常に確認できる点で使い勝手が良いです。例えばサイクリングや登山をするといった場合に最適です。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も高度を測定できるスマートウォッチです。そのため今いる場所の高度を確認できる点で使い勝手が良いです。どちらも登山時などにどのくらいの高さにいるのかを把握するのにおすすめです。

GPS機能について

GPSを搭載しているスマートウォッチは現在どこにいるのかを確認できる点で使い勝手が良いです。例えば目的地の位置情報を確認するのに適しています。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」もGPSを搭載しているスマートウォッチです。そのため今どこにいるのかきちんと把握できる点で使い勝手が良いです。どちらも自分の位置を把握できるので運動や登山をするのにオススメです。

光センサー機能について

光センサーを搭載しているスマートウォッチは心拍数や血流を測定し、いつでも血圧を計測できる点で秀でています。特に心拍数と血液の流れから血圧を測定するようなときに適しています。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も光センサーを搭載しているスマートウォッチです。そのためより正確に心拍数を測定できる点で優れています。どちらもジョギングをする人が、心拍数を把握してペース配分をするのに向いています。

気温計測機能について

気温を計測できるスマートウォッチはアウトドア時などで外気温を計測することで、自分が着るものの管理ができる点で秀でています。例えば外気の正確な温度を確認するのに向いています。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も気温を計測できるスマートウォッチです。そのため気温の変化を体感のみならず数値で計測できる点で優れています。どちらも登山をする人が、気温の変化を確認し体調管理をするのに向いています。

便利機能について「vivo Venu 2 Plus」と「vivo Venu 2」を比較

心拍数計測機能について

心拍数を計測できるスマートウォッチは常に心拍数をモニタリングできる点で優れています。例えば運動中の負荷管理をするのに適しています。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」も心拍数を計測できるスマートウォッチです。そのため運動中の心臓に掛かる負荷を計測できる点で秀でています。どちらも運動中の心拍数などから身体の疲労感などを数値として確認するのに向いています。

消費カロリー計測機能について

消費カロリーを計測できるスマートウォッチは毎日の運動を最適化することができる点で使い勝手が良いです。特にダイエットを目標としている人にとって、1日の活動量の目安とするといったケースにおススメです。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も消費カロリーを計測できるスマートウォッチです。そのため運動時の消費カロリーを計測できる点で使い勝手が良いです。どちらもダイエットしてる人に総消費カロリーを確認するのにオススメです。

移動距離計測機能について

移動距離を計測できるスマートウォッチはどのくらい歩いたか知ることができる点で優れています。特に目的地までの最短距離を測ったりするといったときに最適です。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も移動距離を計測できるスマートウォッチです。そのため月間や年間での移動距離を把握できる点で優れています。どちらも日々のジョギングの目標距離を設定し目標距離達成を確認するのにおすすめです。

歩数計測機能について

歩数を計測できるスマートウォッチは運動量や健康管理ができる点で秀でています。例えば万歩計として使用するといったようなときに最適です。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も歩数を計測できるスマートウォッチです。そのため一日で歩いた歩数を確認することができ、毎日の運動量を記録しておけるため健康管理に使える点で秀でています。どちらも外出が億劫になっている高齢者に日々の目標を設定し健康管理するのにオススメです。

睡眠状態計測機能について

睡眠の状態を計測できるスマートウォッチはより適切な睡眠を得る手助けできる点で秀でています。例えば継続してデータを記録することで大きな変化が出たときに、いち早く体調の変化に気付き症状に対応するといったケースにおすすめです。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も睡眠の状態を計測できるスマートウォッチです。そのため自分がしっかり眠れているから健康管理できる点で秀でています。どちらも睡眠の深さを計測するのに向いています。

着信通知機能について

着信通知を確認できるスマートウォッチはスマホを持たなくても通知を確認できる点で使い勝手が良いです。例えばスマートフォンを鞄などに収めたままでも、着信を通知するといったケースに適しています。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も着信通知を確認できるスマートウォッチです。そのためスマートフォンを取り出さずにスマートウォッチで着信が確認できる点で使い勝手が良いです。どちらもスマホと連動する事で、スマホに連絡が来た事を判断するのにおすすめです。

メール通知機能について

メール通知を確認できるスマートウォッチはスマホを取り出すことなくメールの内容を把握できる点で使い勝手が良いです。例えばスマホと連動する事で、メールが来た事を判断するといったようなケースで役に立ちます。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」もメール通知を確認できるスマートウォッチです。そのためスマホをカバンに入れた状態でメール受信を知ることができる点で優れています。どちらもスマートフォンをカバンに入れている時などに取り出すことなくメールの受信を確認するのに適しています。

デザインについて「vivo Venu 2 Plus」と「vivo Venu 2」を比較

本体重量について

重量が軽いスマートウォッチは重量を気にせずに使用できる点で使い勝手が良いです。例えばジョギングなど運動するときに使用するのに適しています。

重さを「vivo Venu 2」と「vivo Venu 2 Plus」で比較すると「vivo Venu 2」は49gで「vivo Venu 2 Plus」は51gです。「vivo Venu 2」は「vivo Venu 2 Plus」より多少軽いです。本体の軽さランキングで見てみると817製品中「vivo Venu 2 Plus」は484位で「vivo Venu 2」は456位です。ほとんど差は無いと言えます。

装着感をあまり気にせず着用できる点で「vivo Venu 2」の方が多少良いでしょう。しかしながらランニングなど日々の運動をする場合でも基本的にどちらを選んでも大したことはないくらいの違いだと思います。あえて選ぶなら「vivo Venu 2 Plus」より「vivo Venu 2」を選んだ方がいいですが、ほとんどの場合他の観点を見て選んだ方がよいでしょう。

本体重量評価
vivo Venu 2 Plus
51g41/100
vivo Venu 2
49g44/100

シリコンベルトについて

ベルト素材にシリコンを使っているスマートウォッチは柔軟性があるので腕にかかる負担を軽減できる点で秀でています。特にスポーツ時に着用するのに最適です。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」もベルト素材にシリコンを使っているスマートウォッチです。そのため汚れがつきにくく、洗うことができるできる点で使い勝手が良いです。どちらも濡れても大丈夫なので雨の日に使用するのに適しています。

用途について「vivo Venu 2 Plus」と「vivo Venu 2」を比較

水泳対応について

水泳に対応しているスマートウォッチは防水機能は勿論、運動量やカロリー消費も計測できる点で秀でています。特に防水機能があるので水泳するのに適しています。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」も水泳に対応しているスマートウォッチです。そのためどのくらい泳いだか、時間、距離がわかるようにできる点で使い勝手が良いです。どちらも泳いだ距離、タイム、心拍数などを記録するのにおすすめです。

ランニング対応について

ランニングに対応しているスマートウォッチはランニング中の距離や消費カロリーをきろできる点で使い勝手が良いです。特に走行距離や速度を計測するのにおススメです。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」もランニングに対応しているスマートウォッチです。そのため自身の走行スピードや走行距離の計測ができる点で優れています。どちらも走行距離や脈拍、消費カロリー計測をするのにおすすめです。

サイクリング対応について

サイクリングに対応しているスマートウォッチはサイクリングでの時間や運動量を記録できる点で秀でています。例えば心拍数を計測したり位置を取得するのに適しています。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」もサイクリングに対応しているスマートウォッチです。そのためスピードや移動距離、位置情報や運動量など正確に計測できる点で使い勝手が良いです。どちらもルートの距離測定するのにおすすめです。

ヨガ対応について

ヨガに対応しているスマートウォッチは心拍数をチェックしながら効率よくトレーニングすることができる点で優れています。特に様々な体勢を取ることをするようなときで役立ちます。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」もヨガに対応しているスマートウォッチです。そのため心拍数の傾向や有酸素運動のレベルを確認できる点で秀でています。どちらもヨガのために使用するのにオススメです。

登山対応について

登山に対応しているスマートウォッチは登山経路の脱逸などを警告できる点で秀でています。例えば地図や山のデータを閲覧するのにおススメです。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」も登山に対応しているスマートウォッチです。そのためGPSを利用してルートの確認できる点で秀でています。どちらも山行を記録したり位置を取得するのにおすすめです。

ゴルフ対応について

ゴルフに対応しているスマートウォッチはGPSを搭載したボールの位置を特定できる点で使い勝手が良いです。特にピンまで距離を確認や打つ方向を確認するのに適しています。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」もゴルフに対応しているスマートウォッチです。そのためゴルフ中の運動量や消費カロリーを記録できる点で使い勝手が良いです。どちらもゴルフのパフォーマンスを測定するのにおすすめです。

フィットネス機器対応について

ジム器具などの各種フィットネス機器に対応しているスマートウォッチは心拍数から消費カロリーをリアルタイム算出できる点で優れています。例えばより適切な運動量を確認するのに最適です。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」もジム器具などの各種フィットネス機器に対応しているスマートウォッチです。そのため自分のフィットネスレベルを確認できる点で使い勝手が良いです。どちらも運動量や心拍数等を計測するのに向いています。

画面について「vivo Venu 2 Plus」と「vivo Venu 2」を比較

画面サイズについて

画面サイズが大きいスマートウォッチはよりしっかりと画面を見ることができる点で使い勝手が良いです。例えば情報を一度に出せて、確認するといったようなケースで役に立ちます。

画面サイズについて「vivo Venu 2 Plus」と「vivo Venu 2」を比較すると「vivo Venu 2 Plus」は1.3インチで「vivo Venu 2」は1.3インチです。「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も画面サイズの違いはほぼありません。画面サイズの大きさランキングで見てみると466製品中「vivo Venu 2 Plus」は179位で「vivo Venu 2」は182位です。ほとんど差は無いと言えます。

実用上の違いは無いです。ほかの角度から選んだほうがよさそうです。

画面サイズ評価
vivo Venu 2 Plus
1.3インチ67/100
vivo Venu 2
1.3インチ67/100

画面解像度について

画面解像度が高いスマートウォッチはより多くの視覚情報を画面に表示できる点で秀でています。特に歩数や移動距離、消費カロリーが見やすいため、日常的にスポーツをするのにおすすめです。

画面解像度について「vivo Venu 2」と「vivo Venu 2 Plus」を比較すると「vivo Venu 2」は416×416で「vivo Venu 2 Plus」は416×416です。「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」も解像度についての違いがほぼゼロと言えます。

体感できるほどの差はありません。ほかの観点を見て選ぶ方がよいでしょう。

画面解像度評価
vivo Venu 2 Plus
416×41697/100
vivo Venu 2
416×41697/100

画素密度について

画面の画素密度が高いスマートウォッチは精巧なユーザーインターフェースを表示できる点で秀でています。特に細かい文字や画像などを識別するのに適しています。

画面の画素密度について「vivo Venu 2」と「vivo Venu 2 Plus」を比べると「vivo Venu 2」は452ppiで「vivo Venu 2 Plus」は452ppiです。「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」も画面の画素密度についてはほぼ同じです。画面の画素密度の高さランキングで見てみると414製品中「vivo Venu 2 Plus」は89位で「vivo Venu 2」は91位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感できるほどの違いは無いです。他の観点から比較するほうがよさそうです。

画素密度評価
vivo Venu 2 Plus
452ppi97/100
vivo Venu 2
452ppi97/100

強化ガラスの使用について

強化ガラスを使っているスマートウォッチは衝撃を受けて壊れてしまうことを気にせずに使用できる点で使い勝手が良いです。特に衝撃を受けやすい仕事をしている人が使用するといったときに最適です。

「vivo Venu 2 Plus」も「vivo Venu 2」も強化ガラスを使っているスマートウォッチです。そのため落としても割れにくくできる点で優れています。どちらもスポーツや仕事中でもつけたまま使用するのに適しています。

タッチパネルについて

画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチは画面をタッチ操作できる点で使い勝手が良いです。例えば電車の中や歩いている最中に使用するようなときに適しています。

「vivo Venu 2」も「vivo Venu 2 Plus」も画面にタッチパネルを採用しているスマートウォッチです。そのため触るだけで簡単に迷わず操作することができる点で優れています。どちらも機能や画面を切り替えたい時、簡単に操作するのに向いています。

「vivo Venu 2 Plus」と「vivo Venu 2」の違いを表で比較する

vivo Venu 2 Plusvivo Venu 2
vivo Venu 2 Plusvivo Venu 2
デザイン
本体重量51g49g
シリコンベルト
Powder Gray/Silver/Black/Slate/White/Cream GoldBlack/Slate/Granite Blue/Silver
用途
水泳対応
ランニング対応
サイクリング対応
スキー・スノボ対応 -
ヨガ対応
登山対応
ゴルフ対応
フィットネス機器対応
SUP対応 -
画面
画面サイズ1.3インチ1.3インチ
画面解像度416×416416×416
画素密度452ppi452ppi
強化ガラスの使用
タッチパネル
画面コーティングゴリラガラスゴリラガラス
画面の表示方式AMOLEDAMOLED
性能
RAM - 64MB
ストレージ容量 - 64GB
機能
耐水深度50m50m
防水対応
NFC対応
電子マネー対応
対応Wifi
耐水性能50m防水/IPX8相当50m防水/IPX8相当
便利機能
心拍数計測機能
消費カロリー計測機能
移動距離計測機能
歩数計測機能
睡眠状態計測機能
着信通知機能
メール通知機能
搭載センサー
加速度センサー機能
ジャイロセンサー機能
方位計測機能
気圧計測機能
高度計測機能
GPS機能
光センサー機能
気温計測機能

類似のスマートウォッチを探す

他のスマートウォッチと比較する

価格をチェック

類似のスマートウォッチを探す

他のスマートウォッチと比較する

価格をチェック