ドルツ EW-DP36-K [黒] と ドルツ EW-DL38-P [ピンク] を徹底比較

2023-05-20 19:30:36

ドルツ EW-DP36-K [黒]ドルツ EW-DL38-P [ピンク]
ドルツ EW-DP36-K [黒]ドルツ EW-DL38-P [ピンク]
ドルツ EW-DP36-K [黒]ドルツ EW-DL38-P [ピンク]
ドルツ EW-DP36-K [黒]ドルツ EW-DL38-P [ピンク]
総合評価:

50.6/100

(総合順位: 495/1417)

48.3/100

(総合順位: 527/1417)

本体重量
44/100
51/100
本体サイズ
18/100
50/100
連続稼働時間
66/100
66/100
充電時間
74/100
26/100

スペック

ドルツ EW-DP36-K [黒]ドルツ EW-DL38-P [ピンク]
ドルツ EW-DP36-K [黒]ドルツ EW-DL38-P [ピンク]
基本情報
本体重量110g95g
本体サイズ235mm × 35mm × 29mm216mm × 30mm × 27mm
振動式研磨
ブラッシング
強弱切り替え対応
弱モード対応
音波振動機能
お手入れ
着色汚れ除去機能
丸洗い対応
便利機能
タイマー機能
電源
バッテリー方式
連続稼働時間90時間90時間
充電時間60時間1020時間

類似の電動歯ブラシを探す

他の電動歯ブラシと比較

価格を見る

類似の電動歯ブラシを探す

他の電動歯ブラシと比較

価格を見る

比較レビュー

電源

バッテリー方式

両方ともバッテリー方式に対応しているといえます。バッテリー方式に対応しているこれらの電動歯ブラシは、使用する際にコンセントが必要なく、自由に使うことができます。また、本体と充電器がセットになっているため、手間がかからず、簡単に充電することができます。

バッテリー方式に対応している電動歯ブラシには、多くのメリットがあると言えます。一つ目は、充電式なため環境に優しいこと。リチウムイオンバッテリーなど、環境に負荷をかけずに長く使用できるバッテリーを使用した電動歯ブラシは、環境保護に貢献することができます。二つ目は、使用時間が長いこと。通常の電池を使用するものに比べ、充電が長持ちするため、長時間使用することができる優れた製品が多数存在します。三つ目は、使いやすさ。手軽な操作性と、使いやすいデザイン性によって、初心者からプロフェッショナルまで、幅広い人々に愛用されています。

連続稼働時間

連続稼働時間の観点において比較してみると、ドルツ EW-DP36-K [黒]は90時間で、ドルツ EW-DL38-P [ピンク]は90時間となっています。ドルツ EW-DP36-K [黒]の連続稼働時間はドルツ EW-DL38-P [ピンク]と比較して違いはほんのちょっとしか存在していません。

長時間使用することができる電動歯ブラシには、様々なメリットがあります。例えば、1回の充電で十分な連続稼働時間が得られるため、充電の頻度を減らすことができます。また、充電時間を節約できるため、忙しい朝でも電動歯ブラシを使う習慣を続けることができます。さらに、充電器を持ち歩かずに済むため、旅行や出張などでも手軽に使用することができます。

実際に使う上で考えると、連続稼働時間に関して、ドルツ EW-DP36-K [黒]もドルツ EW-DL38-P [ピンク]も全く存在しないといっていいほど違いは見られません。他の角度から考慮したほうが良さそうといえるでしょう。

連続稼働時間評価
ドルツ EW-DP36-K [黒]
90時間66/100
ドルツ EW-DL38-P [ピンク]
90時間66/100

充電時間

ドルツ EW-DP36-K [黒]とドルツ EW-DL38-P [ピンク]で充電時間の視点から比べるとドルツ EW-DP36-K [黒]は60時間となっているのに対しドルツ EW-DL38-P [ピンク]は1020時間というデータであると言えます。ドルツ EW-DP36-K [黒]とドルツ EW-DL38-P [ピンク]は完全に別物だといえるでしょう。ドルツ EW-DP36-K [黒]よりドルツ EW-DL38-P [ピンク]は充電時間が比較にならないほど長いと言うことができます。充電時間が短い電動歯ブラシが優れている点は、電気代の節約につながることです。充電時間が短いということは、充電回数も少なく済むため、電気代が節約できます。

充電時間が短い電動歯ブラシのメリットは、急な外出や旅行などで充電器を持ち歩く必要が少なく、手軽に持ち運びができる点です。そして、短時間で充電が可能であるため、忙しい毎日でも歯のお手入れがスムーズにできます。

実際的に考えると充電時間においてドルツ EW-DL38-P [ピンク]のほうがドルツ EW-DP36-K [黒]より感覚上、かなりよくないと思います。ドルツ EW-DP36-K [黒]を使う場合の決め手の一つとなるでしょう。またドルツ EW-DL38-P [ピンク]は充電時間に注目するならあまりよくない選択と考えられそうです。

充電時間評価
ドルツ EW-DP36-K [黒]
60時間74/100
ドルツ EW-DL38-P [ピンク]
1020時間26/100

基本情報

本体重量

ドルツ EW-DL38-P [ピンク]の本体重量は95gである一方ドルツ EW-DP36-K [黒]の本体重量は110gというデータです。ドルツ EW-DP36-K [黒]とドルツ EW-DL38-P [ピンク]の差は15gあり、ドルツ EW-DP36-K [黒]は本体重量が少しだけ重いことがわかります。本体重量が軽い電動歯ブラシは、長時間使用しても疲れにくく、歯磨きの効率を高めることができます。

本体重量が軽い電動歯ブラシのメリットは、手軽に持ち運びできることです。旅行や出張等で持参するにも負担になりません。また、歯磨き時に本体が重いと手首に負担がかかりがちですが、軽い本体ならばストレスも少なく歯磨きを楽しむことができます。

これらの比較情報から明らかであるように本体重量に関してドルツ EW-DL38-P [ピンク]よりもドルツ EW-DP36-K [黒]は感覚的にいってほんのちょっと微妙と感じると思います。差はまったくといえるほど無いです。商品を決める上で、本体重量の情報はあまり役に立ちません。しかし、敢えて選ぶならドルツ EW-DP36-K [黒]よりドルツ EW-DL38-P [ピンク]であるということが分かるでしょう。

本体重量評価
ドルツ EW-DP36-K [黒]
110g44/100
ドルツ EW-DL38-P [ピンク]
95g51/100

本体サイズ

ドルツ EW-DP36-K [黒]の本体サイズは235mm × 35mm × 29mmであるのに対しドルツ EW-DL38-P [ピンク]の本体サイズは216mm × 30mm × 27mmというデータとなっています。ドルツ EW-DL38-P [ピンク]はドルツ EW-DP36-K [黒]に比べてはるかに小さいということが分かります。ドルツ EW-DL38-P [ピンク]とドルツ EW-DP36-K [黒]の差は相当と言えます。本体サイズが小さい電動歯ブラシを選ぶと、収納スペースが少なくても場所をとらず、スッキリと片付けることができます。

小さな本体サイズがある電動歯ブラシは、使い勝手が良く持ち運びにも便利です。特に、旅行用として重宝されています。また、小さな本体サイズであっても、しっかりした歯ブラシ頭を搭載しているため、歯垢を効果的に取り除くことができます。

この比較情報で明確なように、ドルツ EW-DP36-K [黒]の本体サイズの方がドルツ EW-DL38-P [ピンク]に比べて目に見えるほど下回っていると感じるでしょう。そのためドルツ EW-DP36-K [黒]は本体サイズを気にする人にとって微妙な選択といえるかもしれません。ともあれ本体サイズで比較することで後悔しない決定につながるでしょう。

本体サイズ評価
ドルツ EW-DP36-K [黒]
235mm × 35mm × 29mm18/100
ドルツ EW-DL38-P [ピンク]
216mm × 30mm × 27mm50/100

振動式研磨

両方とも振動方式に対応している電動歯ブラシです。手磨きでは届かない歯垢や汚れを効率的に取り除くために、振動方式に対応したこれらの電動歯ブラシがおすすめです。また、振動の強さや種類によって歯磨きの感覚も変えることができるため、自分に合った使い方をすることができます。歯の健康維持や美しさを保つために、ぜひ電動歯ブラシの利用を検討してみてください。

歯磨きの際、細かい部分や歯間の汚れをしっかり落とすことはとても大切です。そこで、振動方式に対応している電動歯ブラシは、細かい振動により、普段ブラシが届きにくい部分をしっかりと磨くことができます。また、振動数を調節することにより、軽い力で磨くことができるため、歯茎を傷めることもなく、より健康的な歯磨きができます。

お手入れ

着色汚れ除去機能

ドルツ EW-DL38-P [ピンク]もドルツ EW-DP36-K [黒]も着色汚れ除去機能を搭載している電動歯ブラシといえるでしょう。着色汚れが気になる方には、これらの電動歯ブラシがおすすめです。特にコーヒーや紅茶が好きな方や、タバコを吸っている方には、これらの商品は大変効果があることがわかっています。実際に使っていただければ、その違いを実感していただけることでしょう。

着色汚れ除去機能を搭載している電動歯ブラシのメリットは、歯垢や着色汚れをしっかりと落とすことができるということです。特に、コーヒーやタバコをよく摂取する方にはお勧めです。これにより、口臭や歯周病の予防にもつながります。また、手動歯ブラシよりもトータルの歯磨き時間を短縮することができます。

丸洗い対応

ドルツ EW-DL38-P [ピンク]もドルツ EW-DP36-K [黒]も本体を丸洗いできる電動歯ブラシとなっています。これらの電動歯ブラシは、本体を丸洗いできるため、清潔さを保ちやすいアイテムとして人気があります。水洗いもできるため、手入れも簡単で、忙しい現代人にもオススメです。

本体を丸洗いできる電動歯ブラシのメリットは、衛生的な清潔さを保つことができる点です。ブラシの毛先部分だけが汚れているわけではなく、本体の内部にも汚れや雑菌が蓄積されることがあります。しかし、丸洗いができる電動歯ブラシは、本体全体を水洗いできるため、衛生環境を保つことができます。また、本体を丸洗いできることで、メンテナンスの手間も減らせます。

便利機能

タイマー機能

ドルツ EW-DP36-K [黒]もドルツ EW-DL38-P [ピンク]もタイマーを搭載していると言うことができます。これらの電動歯ブラシは、タイマーを搭載している点が特徴的です。歯ブラシを使う時間を正確に設定し、それに合わせて自動的に止まるため、効率的かつ適切なブラッシングが可能です。また、タイマーが付いていることで、忙しい朝でも手軽に歯磨きを習慣化することができます。

タイマーを搭載している電動歯ブラシには、自動的に消える機能があります。この機能は、磨く時間が過ぎると自動的に電源が切れるため、無駄な電力の消費を減らすことができます。

ブラッシング

強弱切り替え対応

ドルツ EW-DP36-K [黒]とドルツ EW-DL38-P [ピンク]は強弱切り替えに対応している電動歯ブラシと言えます。強弱切り替えに対応しているこれらの電動歯ブラシは、使い手にとって非常に使いやすいです。自分の好みに合わせて強さを調整することができ、歯を効率的に磨くことができます。加えて、歯茎に過度な負担をかけることもないため、無理なく歯磨きできます。

強弱切り替えに対応している電動歯ブラシのメリットは、歯への負担を最小限に抑えられることです。強い力で歯を磨きすぎることで歯肉が傷ついたり、エナメル質が削れたりすることがありますが、弱い力で磨くことでそういったリスクを軽減できます。

弱モード対応

ドルツ EW-DP36-K [黒]もドルツ EW-DL38-P [ピンク]も弱モードに対応していると言うことができます。当社が評価したこれらの電動歯ブラシの中には、弱モード機能が備わっているものもあります。歯科医師や歯科衛生士は、歯肉の状態に応じて、弱モードを活用することを推奨しています。弱モードは、歯磨き後の口の中の清涼感が欲しい方には、特に好まれる機能です。

弱モードに対応している電動歯ブラシには多くのメリットがあります。まず第一に、歯の健康に優しいブラッシングが可能となります。弱モードは、歯への負担を軽減し、歯茎を傷つけることがないため、長期的な歯の健康をサポートします。

音波振動機能

ドルツ EW-DL38-P [ピンク]とドルツ EW-DP36-K [黒]はどちらも音波振動機能を搭載しているといえます。これらの電動歯ブラシは、音波振動機能によって、歯磨きの煩わしさを軽減し、スムーズな歯磨き体験を実現しています。また、長時間の充電にも耐えるバッテリー機能や、カラフルなカラーバリエーションも魅力的です。

また、音波振動機能を搭載している電動歯ブラシは、ブラシの毛先が足りない細かい部分や歯と歯茎の境目など、手で磨くのが難しい箇所まで簡単に磨くことができるため、歯ブラシのケアの基本である歯垢を完璧に取り除くことができます。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ドルツ EW-DP36-K [黒]
ドルツ EW-DL38-P [ピンク]

ドルツ EW-DP36-K [黒]

ドルツ EW-DP36-K [黒] と評価が同程度の電動歯ブラシを探す

ドルツ EW-DP36-K [黒]
ドルツ EW-DL38-P [ピンク]

ドルツ EW-DL38-P [ピンク]

ドルツ EW-DL38-P [ピンク] と評価が同程度の電動歯ブラシを探す

新着情報